東洋インキグループはプラスチック製容器包装フィルムのマテリアルリサイクル拡大につながる新技術を確立、資源管理事業大手のヴェオリアグループと組んでリサイクルシステムの構築に乗り出す。複層構造の容器包装フィルムに使用する印刷インキ成分除去(脱墨)用コーティング剤とフィルム剥離用ラミネート接着剤を開発。これらを用いれば、ほぼ不可能だった透明に近い再生プラスチックが可能になり、新たな用途に展開できる。2022年の実用化を目指して量産検証を進めながら、包装業界各社に連携を呼びかける。東洋インキグループでは22年にコーティング剤・接着剤で10億円、数年後には同リサイクル関連材料で50億円の売上高を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る