東洋インキSCホールディングス(HD)は、中期経営計画の達成に拍車をかける。最終の2020年度までに、グローバル展開では東南アジアにおけるパッケージ材料の増強、インド拠点の生産品目の拡充による事業領域の拡大などを牽引役に約150億円の売上増を狙う。また色材・機能材、ポリマー・塗加工、パッケージや印刷・情報の新製品で220億円の増収を見込む。原料高やトルコ拠点の計画停滞など不透明要因もくすぶるなか、積極的な事業展開で目標達成につなげていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る