東洋エンジニアリングは、プラント全体の省エネルギーを提案するコンサルティング事業を拡大する。同社はプロセス系と用役系を一体的に解析し省エネ化を提案する「HERO」を2019年に事業化しており、これまでに5件の受注実績がある。同社独自の省エネ型蒸留技術「SUPERHIDIC(スーパーハイディック)」と組み合わせた受注案件も含まれている。脱炭素が求められるなか、原燃料を非化石資源に転換するよりも確実で大きなCO2排出削減効果が見込める手法として提案を強めていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

 

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る