東洋合成工業はフォトレジスト原料の感光性材料を相次ぎ増強する。生産拠点の千葉工場(千葉県東庄町)で、来春までの完成をめどに先端向け感光性材料を増設し、生産能力を3~4割高める。同社は2020年夏完成をめどに同工場内に新工場を建設する計画を明らかにしており、2つの案件が完成すれば現状に比べて生産能力は7割前後高まる見通し。同工場では今春に感光材の増強設備が完成、現在は認定作業中で、下期から順次稼働を始める。矢継ぎ早な増強により、拡大する需要に対応できる体制を整える。

増大する需要に対応して感光材に積極投資する千葉工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る