東洋樹脂(埼玉県)と文殊工学医学研究所(東京都)は、2種類のマトリックス樹脂を用いることで、高品質の炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)を製造する技術を開発した。炭素繊維の束の中には低粘度のウレタンエマルジョンを、繊維束同士の間を埋めるマトリックスには良加工性かつ低価格で低比重のポリプロピレン(PP)を用いることで、PPのマトリックス特性をもちつつ高い強度物性を実現するCFRTPとする。プレス成形可能なため、生産性向上に向けて需要が大きく拡大するとみられるCFRTPの品質向上に寄与する技術として注目される。束の内部と外部で異なるマトリックス樹脂を用いる技術開発は初とみられる。

CFRTPの試作品

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る