東洋紡はエンジニアリングプラスチック事業で次世代車向けの提案に拍車をかける。“高剛性”をキーワードに、部品の軽量化で電気自動車(EV)の電費向上につなげる考え。優れた難燃性を持つポリアミド(PA)やポリエステル材料などでバッテリー関連部品の重量減を図るほか、センターホイール向けにガラス繊維(GF)を充填した熱可塑性樹脂の開発を進めるなど、足回り関連でも新たな需要を掘り起こす。得意のコンパウンド技術を駆使した各種エンプラで、金属代替を加速する考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る