東洋紡はポリエステルエラストマー系クッション材「ブレスエアー」の用途開拓に乗り出す。一つは運動施設などの弾性舗装材用途。従来のウレタン基材に比べて足腰への負担を軽減でき、ジョギングコースや介護施設などに提案する。ファン付きカーシート用途は、ブレスエアーの立体編み目構造によってファンによる送風と快適な座り心地を両立。送風用の穴開け工程と大型ファンが必要となるウレタン基材の置き換えを狙い、カーシート向けの本格採用につなげる。

弾性舗装材の基材(左写真の右)に用いると足腰への負担を軽減できる

ファン付カーシートに使うと送風性能と快適な座り心地を両立できる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る