東洋紡は、ウエアラブルデバイス向けフィルム状導電素材「COCOMI」(ココミ)の市場開拓を加速する。競走馬の調教用途などで実績のある動物向けでは、ペットや家畜などにも適用範囲を広げる方針。犬用では心拍の取得技術を確立ずみで、早期の実用化を計画する。また、筋電の計測が可能なパンツタイプのアイテムを開発した。自転車レースへサンプル供給を実施するなど、着用感やデータの取得精度の向上を図ることで、新たな製品展開へとつなげていく。スポーツや労働者の見守り用途、ヘルスケア、メディカルなど全方位のマーケティング活動を行いながら、今後の普及が予想されるスマートテキスタイル市場で存在感を発揮していく。続きは本紙で

「COCOMI」(右)を裏面に貼り付けたウエア。アスリートの心拍取得などに活用

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る