東洋紡は白色・不透明の合成紙である空洞含有PETフィルムの用途開拓および海外展開を加速する。主にラベル用途に展開するなか、色つきの特性を生かして新たに工程フィルム用途の拡大を狙う。視認性が高まり、位置合わせのしやすさや剥がし忘れ防止などのメリットがある。海外では原料の使用量を抑えた競争力の高い合成紙で食品や日用品向けなどのラベル需要を開拓する。原料にPETボトルリサイクル樹脂を採用し、ボイド形成によって一般的なPETフィルムよりも低比重であるため、高い環境対応性もアピールしていく。

合成紙はPETボトル飲料や日用品などのPOPラベルに使われる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る