- 4カ年中期経営計画の初年度が間もなく終了します。

 「昨年9月に敦賀事業所(福井県敦賀市)の第二事業所で火災事故を起こしてしまった。第一走者がこけてバトンを落としたかたちとなってしまった。他方、液晶ディスプレイなどに用いられる偏光板保護フィルム『コスモシャインSRF』とセラミックコンデンサー用離型フィルムの工業用フィルムは期待以上に伸びた。長瀬産業と共同で敦賀事業所内に設立した高耐熱性ポリイミドフィルム『ゼノマックス』の生産販売会社も始動した」
 「食品包装用フィルムは原料価格の乱高下に苦しめられたものの需要は堅調だ。マイクロプラスチック問題によりプラスチックは悪いという風潮が強まっているが、賞味期限、消費期限を延ばせられるなど社会に貢献している。当社は食品包装用フィルムのトップメーカーであると自負している。飲料用ペットボトルに巻き付けられるラベルをより薄くするなどリデュースに努めたり、原料に使用する再生樹脂やバイオプラスチックの比率を高められるよう研究開発に励んだりしながら社会のニーズに応える」

 - 火災発生の原因、供給責任は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る