東洋紡は自動車用異種材接合部品の拡販に乗り出す。熱可塑性ポリエステルエラストマー(TPC)とエンジニアリングプラスチックの異種材接合部品が自動車のエアダクトにこのほど採用された。軽量化とともに両素材を熱溶着することで工程削減を実現。従来のエアダクト用途は、ゴムホース代替でTPCだけが採用されたため、樹脂製ジョイント部分を含む異種材接合部品での採用は初めて。自動車分野ではマルチマテリアル化のニーズが高まっており、吸音材や熱マネジメント分野でもエラストマーと樹脂を用いた一体成形品の実績化を目指す。


特殊な改質によってペルプレン(エラストマー)とバイロペット(樹脂)の異種材接合を実現

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る