東洋紡は、高強力ポリエチレン(PE)繊維の成長分野に狙いを定めて設備を増強する。超高強力のPE繊維「イザナス」では、釣り糸用途の専用ラインを敦賀事業所にすでに設置。同用途専用のシリーズも立ち上げ、単糸繊度と強度が異なる2種を国内向けにラインアップした。世界最高強度を持つ3種目も開発中で、2020年4月には3種を釣り糸の世界最大市場である米国で上市する。耐切創手袋向けで好調な高強力PE繊維「ツヌーガ」も19年11月に第3系列の製造設備が同事業所で本格稼働、生産能力は年産1500トンとなる。さらに第4系列も想定。年産2000トン体制に向けた投資を20年度には意思決定する方針。続きは本紙で

ツヌーガを使用した耐切創手袋は柔軟で操作性に優れる

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る