東洋紡は、熱可塑性ポリエステルエラストマー(TPC)の重合能力を増強する。タイに重合拠点を新設し、能力を従来比で2割引き上げる。2019年6月の稼働予定。ASEAN(東南アジア諸国連合)やインドなど新興国の自動車用途の需要拡大に対応する。同社のTPC事業は全体の約7割を占める自動車分野がターゲット。同分野では軽量化や長寿命化を目的にゴム代替が加速しており、TPC事業は2ケタ近い成長率を継続している。

ペルプレンの用途は7割を自動車用途が占める

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る