東洋紡は自動車分野をターゲットに熱可塑性ポリエステルエラストマー(TPC)のグローバル戦略を加速する。6月にタイで新しい重合拠点を稼働させ、タイ国内やインドなどの旺盛な需要に応えていく。2020年過ぎには欧州にTPCのコンパウンド拠点を確保。欧米、アジアを網羅したコンパウンドのグローバルネットワークを完成させる。欧州では欧州車への提案を強化するとともに、欧州勢が進出する中国市場の開拓を狙う。現地化を推進し、世界シェアを10%弱から25%に引き上げたい考え。

TPC「ペルプレン」は自動車用途に幅広く用いられている

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る