東洋紡は、ウエアラブルデバイス向けフィルム状導電素材「COCOMI」(ココミ)の用途開拓を加速する。心拍や呼吸などの生体情報を取得することのできる特性を生かし、メンタルコンディションの計測を本格化する考え。大学やIT関連企業との連携で、妊婦用スマートテキスタイルなどとしての本格的な事業展開を視野に入れる。また、畜産やペットなど動物向けの市場深耕も進めていく。適用市場の探索と拡大を通じ、ウエアラブル素材の供給拡大へとつなげる考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る