東海カーボンがタイでカーボンブラックの増産を計画している。主力の自動車タイヤ向けを中心に1年以上にわたりフル稼働が継続しているため、ラインを増やして生産能力を高める。着工すれば2年程度で本格生産に移行できそう。投資額は数十億円。増強により年産能力は20万トンを超える見込み。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る