東海カーボンの長坂一社長は本紙の取材に応じ、2019年度からの次期3カ年中期経営計画期間のなかで、国内外の老朽化した生産設備の更新に重点投資していく方針を明らかにした。黒鉛電極、カーボンブラックともに需給がタイト化しており、国内外の工場ではフル稼働が続いている。同社としては順次、新たな生産設備に入れ替えることで、顧客への安定供給責任を果たしていく考え。今期の設備投資額である170億円レベルの投資を複数年にわたり継続していく計画だ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る