東芝は、自社製のリチウムイオン2次電池(LiB)を核に、VPP(仮想発電所)市場へ攻勢をかける。電力会社からの節電要請に対応するため、蓄電池自体に優れた充放電特性が求められている。高出力や安全性、長寿命といった特徴を持つ自社のLiBを蓄電池として活用し、製品自体の優位性を生かしてVPPの差別化を図る考え。また、小型電気自動車(マイクロEV)などへLiBの提案を強め、EVを活用したVPPビジネスの拡大を視野に入れる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る