東芝は、独自のリチウムイオン2次電池(LiB)「SCiB」の性能向上に磨きをかける。2030年以降の実用化を目指し、セラミックスとリチウムイオン伝導性ゲルポリマーによるハイブリッド固体電解質の開発を進める。電極と電解質の界面を改善し、バイポーラ型電池を実現する。20年代前半には、電池容量で現在採用しているLTO(チタン酸リチウム)の3倍のポテンシャルを持つNTO(チタンニオブ系酸化物)負極や、電極に直接絶縁膜を形成するSCdEの開発を推進。段階的にSCiBのポテンシャルを最大化していく。続きは本紙で

自動車のほかトラック・バス、鉄道、定置用、産業向けなどに展開

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る