東芝機械は、米中の貿易摩擦に対応するため射出成形機のグローバル生産体制を見直す。米トランプ政権による中国製装置への高率関税措置に対し、中国工場からの対米輸出を取りやめる。同時に2018年度下期から対米輸出は日本、タイ、インドの各工場に振り向ける。タイ工場は倍増させ、インドでは新工場建設を計画、米国工場も拡張する方針だ。国際情勢を今後、冷静に見極めることで、世界市場でプレゼンスを高めていく。

タイ工場で生産しているENAシリーズ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る