東芝環境ソリューション(横浜市鶴見区)は、太陽電池(PV)やリチウムイオン2次電池(LiB)など使用すみ電池の再利用・再資源化を加速する。リユース品を用いた独立電源システムを開発した。安価なコストで導入可能な電源システムとして、発電施設などへの提案を本格化する。また、独自のリサイクル処理機やリサイクルシステムを開発するなど、PVやLiBの大量破棄時代に備え、仕組み作りの早期確立を目指す。リユースとリサイクルの両面展開で、循環型社会の実現を支援していく。

使用ずみLiBを内蔵した独立電源システム

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る