- 2019年の事業環境をどうみていますか。

 「主力の金属チタン、PP(ポリプロピレン)重合触媒およびニッケル粉は総じて順調に推移しているが、2019年は厳しい年になると感じている。政治的な要因などにより、為替や原油などの商品市況がかなり動くのではないか。また、サウジアラビアのチタン製錬プロジェクトがスタートするが、その分が業績的にはマイナス方向で出てくる。それを含めて利益を確保すべく、既存の国内事業には頑張ってもらう」

 - 金属チタンの需要環境についてはどうでしょう。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る