栗本鉄工所が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)部品の成形システム市場に本格参入する。湖東工場(滋賀県東近江市)内に新工場「クリモトコンポジットセンター」を建設し、CFRP製の大型パーツの試作、成形システムをワンストップ・ソリューションで提供する体制を整える。今年7月の完成・稼働を計画している。近年、CFRP部品は軽量性、高強度、高剛性の特徴から自動車部品をはじめ航空宇宙、環境・エネルギー分野などで市場が拡大、新規事業として育成していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る