【上海=但田洋平】栗田工業は、中国の製紙業向けに新規ソリューションの提供を開始した。製紙プロセスの抄紙機の乾燥工程においてドライヤーの内側(蒸気ライン)に新規薬剤を適用、ドライヤー内の金属表面に撥水効果を形成し熱伝導率が高まる。乾燥させるための蒸気量を削減でき省エネにつながる。製紙工場が抱える大量の水とエネルギー消費の課題に応え、乾燥効率を高めることで生産量の拡大も期待できる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る