森村商事は、化成品事業部で新素材提案を加速する。このほど3Dプリンターを用いた積層造形(AM)向けに、プラズマアトマイズ法で製造するカナダ製の金属粉末を投入した。高い流動性を有し幅広い3Dプリンターに対応するほか、チタン合金やニッケル合金などグレードも多数。AM市場は金属部品の製造分野で拡大が見込まれており、成長市場の取り込みを図る同社では、航空宇宙領域やメディカル領域への展開をメインに販促をかける。地域戦略としては日韓市場をターゲットとしている。続きは本紙で

プラズマアトマイズ法による積層造形用の金属粉末(写真提供:AP&C)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る