【シンガポール=中村幸岳】制御・計測システム大手の横河電機は9月25日、シンガポールでデジタル技術サービス拠点「In―Space」(イン・スペース)を開設した。産業IoTやAI(人工知能)を活用した生産制御システムや機器を紹介するショールーム機能を備え、石油ガス、化学産業を中心とする顧客とのオープンイノベーションを促進する場として活用する。こうした拠点の開設はグループ初。デジタル技術の普及に伴い、経営環境が急速に変化し企業が抱える課題も複雑化するなか、顧客との対話・議論をさらに活発化させ、迅速な解決策提案につなげる。

顧客との対話・議論を活発化させる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る