横浜ゴムは、タイヤ走行時の「振動」や「滑り」を捉えるための高度解析技術を開発した。天体画像の解析などに用いられている「逆畳み込み手法」をベースに、タイヤが障害物と接触した際の余振パターンを予測する解析手法を確立。また特殊試験機を用いて濡れた路面上のタイヤゴムが高速周期で密着と滑りを繰り返していることを明らかにした。振動は乗り心地に、滑りは安全性に影響する要因であり、研究成果をタイヤのさらなる高性能化へ還元していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る