横浜ゴムは、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)対応や環境配慮型の次世代タイヤ開発に力を注ぐ。車両の燃費向上や省資源化に寄与する軽量化では、研究開始当時比で約50%の軽量化を達成。カーシェアリングや無人運転で求められるパンク防止に対しては自己補修機能の付与、電動化で求められる走行中のノイズ低減技術の開発にも取り組んでいる。いずれも次世代タイヤ実現のキーテクノロジーとして、早期の実用化を目指す。続きは本紙で

サイレントフォーム面ファスナー

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る