武田コンシューマーヘルスケアは12日、同日付でアストラゼネカ出身の野上麻里氏が代表取締役社長に就任したと発表した。福富康浩会長兼社長は会長に就き、代表権は維持する。同日の取締役会で決議した。同社は杉本雅史元社長が今年3月31日付で退任を申し出た後、暫定的に福富会長が社長を兼任していた。
 野上新社長は大阪外国語大学(現大阪大学)出身で、1992年にプロクター&ギャンブル・ジャパンに入社。2012年にアストラゼネカ日本法人に移り、直近では執行役員と呼吸器事業本部長を務めていた。(2018/9/13/6)

新社長の最新記事もっと見る