武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は7日、都内で会見し、きょう8日に買収手続きが完了するアイルランド・シャイアー統合後の展望を語った。ウェバー社長は、新たな事業体制を整え、「各部門トップ200人を選んだ」ことを明らかにし、がん、消化器系疾患、神経精神疾患、希少疾患、血漿分画製剤の5領域に集中していく考えを改めて強調した。

会見するウェバー社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る