武田薬品工業は28日、アイルランドの製薬企業シャイアーに対する買収提案などを検討していることを明らかにした。同社の取締役会にはまだ接触していないが、可能性を検討するための調査を行っている。英国の企業買収ルールに基づき、武田薬品は4月25日までに正式な買収提案を行うか判断することになる。シャイアーの時価総額は、武田薬品を上回る約4・8兆円。買収が実現すれば、取得額5兆円超の大型M&A(合併・買収)になる可能性がある。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る