武蔵塗料ホールディングス(HD)は、自動車用プラスチック部材の射出成形・塗装機向けに塗料供給を始める。GSIクレオスによる自動車軽量化事業の一環で、独塗料メーカーを含む3社間協定に基づいて専用の無溶剤系クリヤーを製造する。独自の「金型内塗装」に適する速硬化型で、工程短縮に寄与。従来のスプレー塗装に比べて歩留まりを大幅に向上させる。塗料販売は2023年に10億円規模の売り上げを目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る