東京大学大学院の西林仁昭教授らの研究グループは世界で初めて、常温常圧下で水と窒素ガスからアンモニアを合成することに成功した。自然界のアンモニア合成酵素を模倣したモリブデン(Mo)触媒、ヨウ化サマリウム(SmI2)を還元剤に用いた。実用レベルの高い触媒活性と反応速度を実現しており、日産化学とMo触媒の早期実用化に向けて共同研究を行っている。西林教授は「使う場所で合成する地産地消の『アンモニアファーム』、自動車への搭載によるアンモニア直接燃焼や水素キャリアの役割が担える」としている。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

 

エネルギー・素材の最新記事もっと見る