水ingは、ヤシ殻を原料に利用した高性能粉末活性炭「エバダイヤLPHシリーズ」と、粉末活性炭注入装置「カーボジェット」の販売を強化する。LPHシリーズは、カビ臭などの臭気成分除去に優れるため、使用量の低減、汚泥の発生量が低減され、活性炭注入設備のコンパクト化が可能になる。一方、カーボジェットはクローズドシステムで、粉末のまま処理水に投入できるため粉末飛散の心配がない。同社では、両者を組み合わせて使用することで施設のコンパクト化、維持・管理コストの低減などが可能となることから、システム提案に注力していく。続きは本紙で

「エバダイヤLPHシリーズ」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る