【上海=但田洋平】9月に化学企業や化学生産基地の削減数を公表した江蘇省。化工園区については9カ所の閉鎖や認定取り消しが公表されたが、今年末から来年初をめどに2018年版の総合評価が公表される見通しで、点数によって追加される整理対象園区の概要が明らかになりそうだ。先に公表された9カ所は自ら化工園区の看板を外す決断を下しており、新たに対象となる園区は適正な安全・環境基準をクリアできず、化工園区として失格の烙印を押されることになる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る