池田理化は、ナノサイズより小さいサブナノサイズの微小空隙を簡単に評価できる「陽電子寿命測定システム」の販売を強化する。東洋精鋼(愛知県)と産業技術総合研究所が共同開発した製品で、池田理化が総代理店となっている。従来型に加え、このほど小型・軽量に特化したポータブルタイプと、複数の試料を自動で測定するオートサンプラー機能を備えたタイプの2つの新製品を発売した。高分子や金属・半導体の材料開発に提案する。

ポータブルタイプの「TypeL-P」

オートサンプラー機能を備えた「同-2-AS」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る