コロナ禍によるデジタル化の加速で半導体市場が活況だ。日系メーカーが強みを持つシリコンウエハーやフォトレジストなど各種材料で増強計画が持ち上がっており、各社は成長市場の取り込みを急ぐ。引き続き高成長が期待されるEUV(極紫外線)など先端半導体プロセスは、高い品質・技術力が要求されるため日系メーカーの存在感が高まっている。こうした市場環境を反映し、多くの化学企業が半導体分野を最重要領域に位置づけ、収益を伸ばそうとしている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る