【舟山市(浙江省)=但田洋平】浙江石油化工有限公司(舟山市)による中国最大級の石油・化学コンプレックスの建設が急ピッチで進められている。年産2000万トンの製油所を軸に140万トンのエチレン設備などで構成する第1期は今年末の稼働開始を予定。2021年の稼働を目指し、第2期の土地整備にも着手した。2期のエチレン設備は当初予定の倍となる280万トンとなることも分かった。巨大基地は第3期の計画も見据え、市況を大きく揺さぶる可能性を秘める。その一挙手一投足に注目が集まる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

 

エネルギー・素材の最新記事もっと見る