【平湖(浙江省)=但田洋平】中国のアクリル酸大手、浙江衛星石化股份有限公司は2019年の売上高が初めて100億元(約1500億円)を突破する見通しだ。足下のアクリル酸市況は弱含みで推移するものの、誘導品含めた設備の増強や、石油と比べたプロパン由来のコスト競争力などを背景に、着実に収益力を高めている。アクリル酸は16万トン設備の増強を進めており、早期に100万トン体制の構築を目指す。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る