【上海=但田洋平】海南省は、分解不能な使い捨てプラスチック製品の排除に乗り出す。2025年末までの段階的な措置を計画し、まずは20年末までにレジ袋やプラスチック食品容器などの生産や販売、使用を禁止する。25年末までに農業フィルムや宅配包装資材などへ対象を広げる。他省からの製品輸送も認めない。これまでも制限措置を講じてきたが、より踏み込んだ対応で当該製品の省内からの一掃を目指す。地球規模の課題への解決策とするものの、実現性やその狙いを疑問視する声もある。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る