食品添加物の「無添加」「不使用」表示ルールをめぐり、新たな動きが出始めてきた。無添加表示のルールは現在、存在してはいるが、表示されている飲料や食品を消費者があたかも添加物を何も使っていないかのように、誤って判断してしまうケースが後を絶たない。内閣府消費者庁の「食品添加物に関する検討会」で議論が進んでおり、消費者への誤認防止を図ろうとする方向性としてガイドライン(GL)案が浮上している。「無添加」「不使用」には、罰則規定を求める声がある一方で、ガイドラインを策定して、ルールをさらに明確化することで、飲料・食品企業へ自制を促そうという、狙いがある。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る