大量のデータに基づいて推論するイノベーションが発展している。従来は工場での生産設備やロボット制御といった産業用が主体だったが、民生向けの需要も広がる見通し。深層学習の課題だった推定過程のブラックボックス化を解決する機械学習技術も生まれている。これによって人命にかかわる医療行為にもAI(人工知能)適用が広がるとみられる。これからは課題解決に向けてデータの収集から学習、演算にいたる一連のプロセスにおいて垣根を越えた協業が必要となってくる。

PFNによる家庭用片付けロボットのデモ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る