熊本大学大学院生命科学研究部・分子酵素化学分野の諸石寿朗准教授らの研究グループは、細胞内のHippo経路を標的としたがん免疫治療薬の開発に取り組んでいる。諸石氏は低分子化合物でHippo経路を阻害することで、がん細胞の免疫反応を引き起こす性質が高まり、がん細胞の増殖を強力に抑制できることをマウスを用いた実験で確認した。諸石氏はこの免疫反応を促進する、いわばアクセルを踏むような働きは、免疫細胞にかけられたブレーキを解除する免疫チェックポイント阻害剤とは相補的な役割を果たすため、2剤を併用することで強力ながん免疫療法が開発できると考えている。今後、より選択的な阻害剤を探すために製薬企業と共同研究を開始したい考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る