片野染革(埼玉県三郷市)は、単層カーボンナノチューブ(CNT)のマスターバッチ(MB)を開発した。多層CNTのMBで培った分散ノウハウなどにより、コンパウンド化後の安定分散も実現。多層CNTのMBに比べ少量で機能を発揮できるとして、自動車部品などポリオレフィン用途に提案する。また多層CNTのMBでは、導電パスの形成を最適化する加工条件の調整など自社で蓄積してきたノウハウを公開。ユーザーの製品開発スピードの向上、コスト削減に寄与していく。続きは本紙で

導電性不織布や電子部品の梱包などを想定した帯電防止の袋など用途開拓も進む

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る