特許庁は、ゲノム医療に関わる国内外の技術動向調査に着手した。①主要遺伝子②診断法・創薬③バイオインフォマティクス―の3つを対象に、日本や欧米などの海外で取得されてきた特許情報や文献の解析を進める。いわゆる「技術マップ」として、2018年度末までにまとめる方針。先般、着手したゲノム医療分野の知財保護・活用に向けた戦略策定の手がかりとしていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る