特許庁は、ベンチャー企業に特化したオーダーメード型の知的財産支援制度を創設する。大半のベンチャーは知財への関心が低く、将来のリスクとなるケースもある。そのため、弁護士や弁理士などで構成するチームをベンチャーに派遣し、各社の要望や状況に応じる形で知財戦略の構築などをサポートする。併せて、ベンチャーの知財業務に通じた人材を育成する狙いもある。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る