王子ホールディングス(HD)は、生分解性樹脂とセルロースの複合ペレットを提案する。生分解性樹脂の剛性などの特性を高められる。昨年開発したポリ乳酸(PLA)用グレードに加え、このほどポリブチレンサクシネート(PBS)向けもラインアップ。食品容器など、環境対応が求められる用途でサンプルワークを強化する。一方、木材から抽出したグルコースを原料とする生分解性樹脂そのものの開発にも着手している。将来的にセルロース繊維との複合提案も可能になりそうだ。続きは本紙で

成形品の剛性を高めるほか、成形性も改善する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る