王子ホールディングス(HD)は、セルロースナノファイバー(CNF)スラリーの連続生産プラントを立ち上げる。富岡工場(徳島県阿南市)を候補地に年数百トン規模の生産能力を構想。パルプの製造ノウハウを生かして最小エネルギーで製造するエンジニアリング研究を進めており、数年以内の実現を目指す。亜リン酸エステル化した独自CNFは建設分野で実用化しているほか、化粧品や自動車窓などへの展開も強化している。CNF初となる連続生産体制を整え、需要拡大に備える。続きは本紙で

富岡工場で数百トン規模のCNF連続プラント立ち上げを目指す

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る