複雑な問題を瞬時に解ける量子コンピューターが現実性を帯びてきた。半導体のプロセス微細化が限界に近づき、現在のノイマン型コンピューターの性能向上も難しくなっているだけに産業界の期待は大きい。なかでも化学や素材、創薬分野は量子コンピューターならではの「最適化」や「シミュレーション」性能を研究開発に生かせるとあって関心が高まっている。すでに一部で製品化されている量子アニーリング方式量子コンピューターの基礎理論は東京工業大学の西森秀稔教授が世界で最初に提案したものだ。しかしながら事業化は海外が先行しており、日本の量子コンピューター開発への取り組み方が問われている。「莫大なコストのかかるハードにこだわらず有効な使い方、ソフト開発の方に注目すべきではないか」と、西森教授は危惧している。


東京工業大学理学院物理学系教授・西森秀稔氏

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る