理化学研究所は、水素吸着材料の開発を推進する。燃料電池自動車(FCV)向けとして70メガパスカルの高圧タンクに対応しながら、将来の低圧化をにらみ性能向上に取り組んでいく。理研は幅広い素材を研究していることを強みとしており、グラフェンをはじめとした炭素系材料と水素吸蔵合金とのハイブリッド化(複合化)が有望な選択肢とみている。グラフェンでは従来に比べて表面積を大幅に拡大する技術を確立。水素吸蔵合金についても吸脱着温度の低温化を進めていく。続きは本紙で

グラフェンでは従来に比べて表面積を大幅に拡大する技術を確立

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る